歯磨き粉に含まれる研磨剤について

歯磨き粉に含まれる研磨剤について

市販品の歯磨き粉、中でも「美白」を謳うものは研磨剤を含んでいます。一体研磨剤は何が問題なのでしょうか?研磨剤とは歯磨き粉に含まれる「ヤスリ」のようなもので、歯の表面についた汚れを落とすために配合されています。

 

合成界面活性剤の「ラウリル硫酸ナトリウム」というものがありますが、これは歯の表面に付着した油汚れなどを落とすためのものであり、ステインのようにこびり付いた汚れ落としには界面活性剤でなく、研磨剤により削り落とすのが手早いとされます。

 

歯の構造は表面にエナメル質、その中に象牙質が存在します。表面を研磨剤で磨くと汚れと同時にエナメル質もある程度剥がれていきます。象牙質がむき出しになると知覚過敏や虫歯のリスクなど健康上のトラブルのもとになります。研磨剤入りの歯磨き粉が良くないと言われる理由はこのためです。

 

パッケージの成分表記で「清掃剤」の箇所を見てみましょう。研磨剤として活用される成分は
・リン酸水素カルシウム
・リン酸水素ナトリウム
・炭酸カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸

 

無水ケイ酸に関しては「粘結剤」として活用されることもあります。粘結剤は歯磨き粉を固めるためのもので、無水ケイ酸は粘性があるため歯磨き粉として形を保つために使われます。

 

では美白効果があり、研磨剤を含まない歯磨き粉はあるのでしょうか?実はティースクリーニングによる美白効果を期待できる商品があります。「オーラパール」という商品は研磨剤を含まずホワイトニングができることで高い評判を得ています。成分表記を見ると「無水ケイ酸」が含まれていますが、「オーラパール」はエナメル質の傷を修復して歯を白くするため、わざわざ傷つける研磨剤を含むのも不思議な話です。

 

なお「オーラパール」で無水ケイ酸は基材とされています。つまり、無水ケイ酸が粘結剤としても使われていないことになります。実は医薬部外品の歯磨き粉には研磨剤の含有が必要であり、基材と研磨剤の使い分けをメーカーが任意で決められるためです。

 

研磨剤とする程の量は配合せず、あくまで医薬部外品扱いにすることを目的に配合しているので、研磨剤でなく基材として表記していると思われます。

 

なお成分名は配合量が多いものから書くルールがあり、無水ケイ酸は後半で表記されています。よってオーラパールに研磨剤が全く含まれないという認識は誤りですが、効果に影響を及ぼす程ではないと考えて良いでしょう。