マンションのお風呂リフォームの費用や相場など

マンションのお風呂リフォームの費用や相場など

マンションの場合のユニットバスのリフォームの場合、戸建てと比べるとその費用はどのくらい変わってくるのでしょうか。結論から言えば、多くの場合は必要となる資材のサイズが小さく済むので安くなりますが、同じ大きさであれば割高になることも少なくありません。

 

ユニットバスというのは、お風呂や壁、床が一体になっている、カプセル型の建築材料をもって浴室スペースに組み込んで作ります。そのため、気密性が高く、水漏れの心配がなく床も比較的外部の気温の影響を受けないという長所があります。

 

近年、マンションのお風呂はユニットバスがほとんどですから、お風呂場のリフォームではユニットバス自体を交換するようになります。マンションを作るときと比べると、ぴったりしたサイズのユニット材をまず解体して、持ち込んで、作るといった工程になるために、作業にかかる時間や費用が多少かかってしまいます。

 

マンションにおける浴室のリフォーム費用は、およそ50〜200万円といった金額がひとつの目安ですが、お風呂のサイズを考えると多いのは80万円ぐらいが主流となっています。依頼をする際には、まずお風呂の大きさを伝えた上でいくつかのユニット材から選択しますが、この時に浴槽の大きさなども一緒に決められますので、より利用しやすい形や金額を考えて選ぶのが良いでしょう。

 

多くの現場を手がけてきた専門家のアドバイスは非常に有用ですので、自分の考えだけで決めるより、ひとつでもふたつでも相談してアドバイスをもらった方が後々満足できることが多いと思います。